車のエンジンがかからなくなるのを防ぐ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

car

運転しようととしたらある日突然エンジンがかからない…

そんな経験をした人も多いのでは?
車に詳しい人なら自分で解決できそうだけど全然知らない人にとっては原因すらわからない。
様々な理由が考えられますが、はっきり言えることは

<事前にある程度防ぐ事ができる>
その方法は以下参照

スポンサードリンク
  • チョイ乗りはできるだけ避ける(スポーツカーは特に)
  • バッテリーは2年〜3年で買い換える
  • 少なくとも週に1度は10分〜30分は運転する

まず1つ目のチョイ乗りはできるだけ避けた方がいい。
でも買い物行って、銀行行って、あそこも行って…ってしてたら不可能じゃん!
と思った方は多いでしょう。
仕方はないけど車のチョイはバッテリーに負荷がかかる。
なのでもしエンジンをかける時にかかりが悪かったり、いつもと違う音がした時はすぐにディーラーに行く事。

2つ目もバッテリーの寿命は3年(早くて2年)なので寿命の前に交換を。
※4年〜8年もつバッテリーもある。

3つ目の週に1度は運転する…は、車は使ってない時でもバッテリーを少しずつ消費している。
長い間乗ってなくて久しぶりに乗ろうとしたらバッテリーが上がってエンジンがかからない…なんてことにもなる。
バッテリーを消費しない方法もあるが、車について全然詳しくない人は週に1度乗った方がわかりやすくて早い。
※これも車種によって個体差があり、1ヶ月に1回しか乗らない人もいるがお勧めはできない。

まとめ

他にもエンジンオイルは定期的に交換したりと方法はあるが、上記の対策をしてれば何もしていない人よりははるかに差がでる。
メンテナンスや故障など少し面倒かもしれないが、車はとても便利で欠かせないものなので大事に扱ってほしい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

サイト内検索

他のワード別記事を読む

コメントを残す

*