どうしてもトイレに行きたくなった時に我慢できる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

突然の尿意をまぎらわす手段

会議中や授業中など、どうしてもトイレに行けない時ってありますよね。
我慢せずに行けばいいのですが、恥ずかしくて行けないという人も多いと思います。

そこで今回は、どうしてもトイレに行けない時に突然やってきた尿意を我慢できる方法をご紹介します。

スポンサードリンク

人間は膀胱に8割程度尿が貯留すると、尿意を感じるようになります。
実は尿意を感じた時点ではまだ2割程度の余裕があるんです。
しかしそれを我慢できる時間には個人差があり、15分〜2時間程度差があります。

事前にできる対策

  • コーヒー、緑茶、ウーロン茶は飲まない
  • 前かがみの姿勢をとらない
  • 体を暖める

コーヒーや緑茶などの飲み物は利尿作用があり、トイレが近くなります。

前かがみの姿勢をとると腹圧が膀胱にかかり、これもトイレが近くなります。

体を暖めるというのは、寒いと膀胱の筋肉が収縮して尿意を感じやすくなるからです。

もしも尿意がきてしまったら

尿意を我慢できるツボというものがあります。
その場所は下唇とあごのちょうど真ん中です。
そこを強く押さえましょう。

他にも、貧乏ゆすりのように足や体を小刻みに動かしたり、
肛門に力を入れて、抜いてを繰り返す方法。
あえて別のことを考えて気を紛らわす方法などがあります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

突然尿意がやってきた時に試してみてください。
しかしこれは、あくまでもどうしても我慢しなければいけない状況の時の方法です。
トイレに関しては生理現象なので、無理せず行くことをおすすめします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

サイト内検索

他のワード別記事を読む

コメントを残す

*